クレジット決済手数料無料サービス「Spike」 いよいよオープンβ版をリリース

本日、オンライン決済システムに新しいサービスがリリースされた!

以前私のブログでも紹介して注目していた、手数料無料の決済サービスの「Spike」だ。
オンライン決済サービス「SPIKE」のオーペンベータ版がリリース
このSpike、日本人の代表者・株式会社メタップスの佐藤氏がシンガポールにてプラットフォームを立ち上げていたのだが、昨年2013年の夏にスタートする予定が、本日のリリースになったようだ。

Spikeとは、クレジットカード決済機能のついたURLリンクを作成することで、ユーザ側に手軽に決済を実現するというサービスである。

「ふ~ん、そうなんだ」という方がほとんどかもしれない。だがじつは、今後のEC上(=Electronic Commerce・電子商取引)の上で、これは非常に重要なフットステップかも知れない…。

決済システムを導入するにあたり、まず気になるのが手数料であることは言うまでもない。先日、とあるセミナーで、通信系某大手クレジット決済システムのサービス提供社のプレゼンを聞く機会があったが、そこで、「手数料だけで判断すると、御社は絶対に損をします!それでもいいのですか?」「トータルバリュでは他社には絶対負けません。3年後の利益計算を、実際に電卓ではじいてみてください!」と明言していた。いわゆるスケールメリットのことである。『数千からなるお取引先からのデータを収集し、ご契約いただいた御社へフィードバックします』、っていうことだ。

彼らはつまり、『付帯サービス』のことをいっているのである。・・・確かにその言い分も分かる。でも、小規模、特に個人経営規模のオーナーにとって、「トータルバリュー」と言われても、???であることには変わりない。売上規模の尺度に差がありすぎるのだ。いずれにせよ、やはり”無料”という言葉の魅力は、絶大なものであることは否めない。

まさにその琴線をくすぶるのが、「Spike」であるような気がする。

個人事業主や小規模事業者向けの「フリープラン」は、月間100万円までの決済が利用できて、初期費用・月額費用・決済手数料が無料だ。「ビジネスプレミアム」とする、中規模事業者向けのプランは月額3000円。月間1000万円までの決済は手数料が無料で、それ以上に関しては2.5%の決済手数料+30円のトランザクションフィーで利用できるとされている。なお現在はβ版につき、前者「フリープラン」のみの提供になる。そして、決済に対応するのはJP¥とUS$のみとのことだ。

VAVASLOT88 - Situs Slot Online Gacor Deposit Pulsa Tanpa Potongan
Vavaslot88 situs judi slot online gacor gampang menang. Tersedia slot deposit pulsa tanpa potongan daftar sekarang di agen dan bandar resmi.

Comment

Copied title and URL